自律神経失調症|福岡市の神経痛

トータルバランス整体ナチュラル

診療時間

ご予約・お問い合わせ

0928216033

症例紹介

自律神経失調症

自律神経は活動的な交感神経と、休息的な副交感神経の二つに分類され、必要に応じて自動で切り変わって働くようになっています。

しかしながら、不規則な生活やストレス、ホルモンバランスの乱れなどにより自律神経が乱れると、身体がだるい、眠気がする、吐き気がする、頭痛、めまい、眠れない、口の渇き、手足の冷え、など、様々な身体の不調をもたらします。

これらは自律神経失調症の主な症状の一部ですが、定義や概念については多くの考え方があり、病院での診断も非常に難しいものだそうです。

当院ではもちろんお薬は使用しませんし、身体本来の治す力を高めるように、筋肉や神経の緊張や硬結を和らげ、血液を健康なサラサラの状態にし、美手【Vitsyu】ヴィッシュで脳神経をリラックスさせますので、危険なことや痛みを伴うことは全くなく、上記のような症状を訴える方が自然と徐々に快方に向かわれる方が多くいらっしゃいます。

特に、眠れなくて睡眠導入剤をよく飲まれる方などは交感神経がはたらき続けているのですが、当院の施術で副交感神経が働き、その場で眠ってしまわれる方もとても多いです。

病院で自律神経失調症などの診断がなされ、一時的な投薬によって症状が良くなればいいですが、投薬が長くなるのは体にいいわけがありません。病院を変えたり、当院のようなところで施術を受けるなどして、長期の投薬にならないように心掛けることが大事だと思います。

ページトップへ戻る