自律神経失調症|福岡市の神経痛

トータルバランス整体ナチュラル

診療時間

ご予約・お問い合わせ

0928216033

自律神経失調症

自律神経とは

image

自律神経とは、心臓を動かしたり汗をかいたりと、自動的に働く神経のことです。自分でコントロールすることができません。
自律神経は活動的な交感神経と、休息的な副交感神経の二つに分類され、必要に応じて自動で切り変わって働くようになっています。

眠れない、めまいがするなど様々な症状が自律神経の働きに関係しています。

自律神経失調症について

image

不規則な生活習慣などにより、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れることで起こる様々な身体の不調のことです。

自律神経失調症の症状としては、身体が痛くなったり、具合が悪くなったり、精神的に落ち込んだりと人によって症状は様々です。
症状が出たり消えたりする場合もあります。
自律神経系の症状には様々な種類のモノが存在し、非常に不安定なため病気を特定することは難しいのです。
また、遺伝体質、性格、ストレス、感受性により症状の出方も様々なので、心身両面から柔軟に対応する必要があります。

定義や概念については多くの考え方があり、自覚症状があっても検査をした結果、異常が特定できずに自律神経失調症と診断されることもあります。本来であれば別の病名がつくはずのものを安易に自律神経失調症と診断づけるケースも残念ながら少なくないようです。
なんでも自律神経失調症で片付けてしまうと、癌のような重大な病気を見逃すことにもなりかねないので、患者本人や周囲の人はこの点も十分に注意しましょう。

自律神経失調症の症状

上記以外にも、非常に多くの症状にお悩みの方がいらっしゃいます。
該当する症状が多い方は、早めの診断をお勧めいたします。

自律神経失調症の原因

自律神経失調症の改善

image

自律神経失調症の原因としては、ストレスやその他様々な要因が関連していると考えられますが、日常の生活習慣や姿勢など、身体の構造の問題も関係していると考えられています。

身体の構造が傾いてしまうと、骨格のバランスがうまく身体を支えられないため、筋肉を緊張させて補おうとします。
その慢性的な筋緊張があるために、休息すべき時にも筋肉の活動スイッチを切れず、休息と活動の自律神経の入れ替わりがうまくいかなくなってしまいます。

また、慢性的な筋緊張および派生するコリや痛みは一種のストレスでもあります。
姿勢や骨格のゆがみといった構造的な問題が精神的ストレスへと発展し、自律神経にも悪い影響を与え、結果として自律神経失調症を引き起こしている可能性も考えられます。

そのような場合、自律神経失調症の原因と考えられる身体の構造から改善する必要があるため、身体のバランスをとることによって、骨格に上手く体重をのせて支えられるようになれば、筋肉の慢性的な緊張は不要になり、自然治癒力を高め、体調も回復することができます。

その他の原因が関連している場合でも、身体の構造問題を解決することは有効な解決策であり、身体全体のコンディションを良くすることで症状の改善にも期待ができます。

ページトップへ戻る