坐骨神経痛|福岡市の神経痛

トータルバランス整体ナチュラル

診療時間

ご予約・お問い合わせ

0928216033

坐骨神経痛

坐骨神経とは

image

坐骨神経とは、末梢神経のなかで最も太く長い神経のことです。
坐骨神経痛は、神経が腰椎の隙間から骨盤をくぐり抜け、お尻の筋肉から顔を出す間のどこかで、圧迫や絞扼などの障害を受けたことで発症していると考えられます。

坐骨神経痛とは

image

坐骨神経痛は、臀部から大腿後面にかけて鋭い痛みを自覚する症状であり、病名ではありません。
坐骨神経痛を訴える方は、主に腰椎疾患の症状として、腰痛の次に多く見られます。しかし、その原因となる疾患は様々です。
主にお尻の痛みや足の痛みを伴うことが多いです。

坐骨神経痛の症状

上記以外にも、非常に多くの症状にお悩みの方がいらっしゃいます。
該当する症状が多い方は、早めの診断をお勧めいたします。

坐骨神経痛の原因

年齢によって異なりますが、若い人の場合に多いのは、腰椎椎間板ヘルニア、次に梨状筋症候群が原因で発症します。
ヘルニアの位置や大きさにより発症する場所が異なり、梨状筋症候群の場合は比較的ゆっくりと発症していきます。梨状筋間で坐骨神経が絞扼され、仕事や運動の関係でストレスが加わり発症することが多いです。
稀な疾患とされていますが、特定するのが難しいことから、見過ごされていることも少なくないと思われます。
また、高齢者の場合は変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に多く見られ、帯状疱疹による坐骨神経痛を発症する場合もあります。その他、年齢に関係なく特殊な疾患として、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などが挙げられます。こういった腫瘍性の病変で坐骨神経痛を発症する場合は、痛みが非常に強く、保存的治療で治りにくいのが特徴です。

坐骨神経痛の改善

image

まずは日常生活の見直しを図り、痛みがひどい場合は下位腰椎にかかる重荷を減らす目的で、長時間の座位姿勢を避けたり、コルセットを装着することも一つの方法です。

また、当院の施術によって関節のゆがみを整えることで、ゆがみによって圧迫されていた神経が開放され、痛み、痺れ、筋肉の緊張などが緩和させます。

あくまでも緩和であって、骨格や間接の形態異常が治癒するわけではありませんが、痛みや痺れといった症状の緩和は特に慢性期の坐骨神経痛の症状に対して効果的です。
特に整体での治療は、同じ姿勢を続けた体のコリをほぐしてくれるので、坐骨神経痛の症状に効果を発揮します。

ページトップへ戻る