脊柱管狭窄症|福岡市の神経痛

トータルバランス整体ナチュラル

診療時間

ご予約・お問い合わせ

0928216033

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは

image

脊柱管狭窄症は、脊柱管を取り囲む椎体や椎弓の変性や靭帯の肥厚、椎間板の変性による膨隆、突出など、脊柱管を構成する組織の変形により脊柱管の中を通っている神経や枝分かれしている神経と、神経に伴走する血管が圧迫されることで、脊柱管が狭くなり神経が障害されて、腰痛や下肢のしびれなど、様々な症状を引き起こします。

脊柱管狭窄症の症状

上記以外にも、非常に多くの症状にお悩みの方がいらっしゃいます。
該当する症状が多い方は、早めの診断をお勧めいたします。

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症になる原因として生まれつき脊柱管が狭い先天性のモノや、変形性脊椎症による椎体の骨棘、変性すべり症、椎間板の膨隆、黄色靱帯の肥厚、椎間関節の肥厚変形など、背骨に対して加齢に伴う負担や変化が加わることが原因で脊柱管の狭窄が起こります。
老化現象の一つで、年を重ねるごとに脊柱管は狭くなっていきます。

脊柱管狭窄症の改善

image

年齢を重ねると共に背骨が曲がり、側弯症やすべり症など様々な症状を引き起こします。
当院では、ズレた位置を正常な位置に戻すよう、周りの筋肉や神経の緊張をゆるめ、神経の圧迫を軽くします。お客様に負担の少ない力で行いますので、安全で安心です。
強い力での施術をご希望される方がいらっしゃいますが、加齢によって変化を起こした体に対しては危険が大きいためお勧めできません。
当院では、的確な施術を行い再びズレにくい状態を保ちやすくします。

来院されるお客様の中には、足にしびれがあり、病院では手術するしかないと言われていましたが、当院に通われて2ヶ月ほどでしびれがおさまり、手術を回避された方もいらっしゃいます。施術以外にもご自宅で症状を緩和させることもできます。
温かいお風呂につかり、しっかりと身体を暖めてあげたり、日常生活の姿勢を気をつける、調子が良い時は無理のない範囲で運動をすることを心がけましょう。 ご自身で筋肉を強くして、伸縮がうまくできるようになると施術の効果も一緒に作用し、早く回復できます。

ページトップへ戻る